どんな特徴があるのか

免許証

合宿免許とは、教習所が用意した宿泊施設に滞在しながら免許取得を目指すというスタイルになります。そして、短期集中的に教習を受けられるため短期間で免許取得ができることや、費用が安いということも大きな特徴だと言えるでしょう。一般的な通学免許の場合は、卒業までの期間が1カ月~3カ月程度になりますが、合宿の場合は最短2週間程度とかなり短期間での卒業が可能になります。費用に関しては、通学の場合は30万円程度が相場ですが、合宿の場合はそれよりも10万円も安い20万円程度という激安で利用できる場合があります。また合宿免許というのは、自宅から離れた場所に最低2週間程度の期間滞在することになるため、利用するためには2週間以上の休暇が必要です。

費用について

合宿免許は、一般的な通学免許と比べると激安の費用で利用できる場合があるということが魅力です。しかもその費用には、教習費などの基本的な費用だけでなく、宿泊費や食費、交通費などが含まれていることが多いため、そのことを考えるとかなりお得になります。そして、教習がスムーズにいかなかった場合は期間を延長する必要が出てくるのですが、延長の保証が付いたプランを選べば追加料金がかからない仕組みになっているため、その点もチェックしておくとよいでしょう。また合宿免許の費用は、閑散期である4月~7月中旬と10月~1月中旬は激安で利用できるのですが、繁忙期である7月下旬~9月と1月下旬~3月の期間は高くなるため注意する必要があります。

期間について

合宿免許は、激安であるというメリットの他にも、最短で2週間程度というかなりの短期間で免許取得ができるというメリットがあります。しかし、なぜそんな短期間で済むのかということに疑問を感じたり、しっかりとした教習が受けられるのか不安に思う人もいるでしょう。まず短期間で済むのは、教習所側が効率的に教習のスケジュールを組めるから、というのがその理由になります。一般的な通学免許の場合は、利用者の都合に合わせてバラバラに教習がおこなわれますが、合宿の場合は1日の間に多くの教習を効率的に組むことができるのです。そして教習の内容についても、時間数自体は一般的な通学免許の場合と全く同じなので、その点は心配する必要はないでしょう。ようするに合宿免許の場合は、通学免許と全く同じ教習内容を、短期間に詰め込んでおこなうので早く済むということになります。そのため、通学の場合よりも忙しく教習を受けることになりますが、自由時間も意外と多いため、その時間は観光やレジャーなどを楽しむこともできるでしょう。

広告募集中